もて耐車両 走行 (もてぎ東コース)

| コメント(2) | トラックバック(0)
Untitled

Motegi East Course

先日のシェイクダウンでの問題点をいくつか修正したとのことだったので、その確認を兼ねてもてぎまで練習に行ってきました。

もてぎ東コースでしたが、ケメ子は東コースを走ったことが無かったので、東ショートカットの初体験だったりします。

前回からスプロケットを変更し、フロントフォークのセッティングが変わりました。

フロントフォークは前回の印象では「ストロークが速すぎるのに奥で突っ張ってしまってちゃんとストロークしない」だったのですが、ケメ子の考えるセッティングの真逆の変更が行われたとのことです。

目を白黒させながら走りましたが、確かにこういう考え方はあるなあと納得してしまいました。これはアリ。完全に目から鱗のセッティングでした。まあ、このジャンルの車両の特性ならではなのでしょうけども。

Untitled

エキゾーストパイプがカーブで接地してしまいました...

今回の走行でも新たな問題点とさらなる改善点の発見がありました。車両作りって地味だけど面白いですね...。本番までに全部洗いだせるかはちょっと不安もありますけども...w。

そうそう、ショートカット超楽しい。速い車両だとシャレにならなさそうですけどもw。

新しいヘルメット(芳賀レプリカ)を初めて使ってみました。新品は気持ちいいですなぁぁ。
きっとそれ以前のモデルよりは何かしら進化してるんでしょうけど、アストロIQやRX-7 RR4との違いは、正直あまり分からなかった...(汗

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kemeko.net/mt/mt-tb.cgi/225

コメント(2)

エアボリュームを減らすことでストローク速度を初期領域から遅くするってことかな?

脳内で理由として思いつくことをぐるぐるさせているところです。
セッティングの考え方について、ブレーンストーミングしてもいいかもなぁ。

コメントする

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、Kemekoが2013年6月29日 22:07に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Stahlwille Model 14」です。

次の記事は「ツナギお買い上げ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。