レジアスエース2号 荷室作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

先週の木曜日と本日の2日に分けて、いくつか荷室の作業をしました。主に窓埋めのボード関連です。

Board with mesh (L)

木曜日は左側の作業を行いました。金網を張り付けた窓埋めのボードを取り付けました。これで壁を使った積載もできるようになります。

Fixing belt

せっかくなので、ボードを付けるとともに、ラダーレールと机を固定するベルトの受けを追加しました。車外からベルトの付け外しができるよう、後部寄りの場所を選びました。

Belt catcher Belt catcher

ベルトの受けはボルト留めです。上下とも、それぞれ板の裏側に爪付きナットを打ち込みました。

ベルトもバックルを付けることで利便性を確保しました。

Board with mesh (R)

そして本日の作業に取り掛かります。

まずは右側のボードを取り付けます。左右ともボードが付いたので、これでひとまずはトランスポーター用途が不安なくできるようになりました。

Reinforced rail Reinforced rail

続いてはレールの作業。前回は仮留め状態で終わっているカーゴレールの続きです。

皿頭のボルトを使ってアングル材にしっかり取り付けます。アングル材とレールの穴が干渉するところはひたすら削ります(またはドリルで穴を開けます)。これを元通りに組み付け直して本日の作業は完了。

このあと、ホイールチョックの受け位置を追加すべく部品を発注しにナップスまで行ったのですが、もしかしたら廃盤で手に入らないかも...(汗

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kemeko.net/mt/mt-tb.cgi/382

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、Kemekoが2015年8月18日 23:57に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Oakleyにて...」です。

次の記事は「GSX-R600 作業(のお願い)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。