690 DUKE R 作業 (ブレーキパッド交換)

| コメント(0) | トラックバック(0)

久々にバイク屋さんに顔を出してきました。製作を依頼している秘密兵器の進捗を確認するのが目的です。

が、それだけではもったいないので、折角だからとブレーキの小整備を...。

マトモに洗った記憶の無いフロントキャリパーを取り外し、ブレーキパッドの確認。パッド残量が2mmほどだったので、在庫しておいた新品パッドに交換です。

キャリパーやキャリパーピストンに付着した汚れを拭き取り、ピストンを押し戻してパッドを組んだら作業完了。数年ぶりにこの手の整備をしたような気がしますw。

しかし、M50キャリパーのピストンってよくできてるのね。表面加工が良いのか知りませんけど、軽く拭いただけで汚れが落ちるのにびっくりしました。パッドカスが焼きついたりしないのかよ、と。

作業完了後、バイク屋さんにオイルの交換を依頼して華麗に撤収...のつもりが、冷却水が入っていない状態だったので、水道水を入れてから撤収しました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kemeko.net/mt/mt-tb.cgi/474

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、Kemekoが2017年8月22日 21:44に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「折りたたみ椅子修理」です。

次の記事は「690 Duke R 筑波走行」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。