690 Duke R 筑波走行

| コメント(0) | トラックバック(0)

レースの前に練習をしようかと思って筑波まで足を伸ばしましたが...結論としては、15周しか走らずに帰ってきました。

新しいオイルを入れたDuke号は、振動もなくしっとりエンジンが回ります。今回は300Vの15W-50です。銘柄も固さも完全にバイク屋さんにお任せです。

走り始めてすぐに、新たに試したハンドルポジションが気に入らず、3周でピットに戻って修正、再出走です。

その後は問題なく走りますが、最終コーナーの入り口で絡みそうな勢いで抜かれてちょっとびっくりしたところ、次の第一コーナーで、ケメ子を抜いていった車両が目の前で転倒滑走していきました...。

少しやる気がうせたその瞬間、ヘルメットに水滴が当たり始めたので完全に消費者モードとなり、走行を終了です。アウトラップとインラップを含めて15周で終わりました。

次の枠を待っている間に雨が強くなり、結局は走ることができずに撤収しました。

走行を終えて、少しバネレートに疑問点を持ちました...。ガレージで取説を読んでいると、リアサスのバネにはハードとソフトのオプションがあるようです...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kemeko.net/mt/mt-tb.cgi/476

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、Kemekoが2017年8月30日 23:17に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「690 DUKE R 作業 (ブレーキパッド交換)」です。

次の記事は「690 Duke R 整備」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。