ラチェットハンドルの給脂

| コメント(0) | トラックバック(0)

初めてラチェットハンドルを分解給脂しました。ラチェット機構がどんなものか興味が沸いたもので。

そんな訳で、生贄はMacの1/4(丸型ヘッド)とStahlwilleの1/2(小判型ヘッド)の2本。

Mac Tools ratchet handle 1/4 sq Stahlwille ratchet handle 1/2 sq

緩められるネジを緩めれば分解できました。とはいえ何も見ずに分解するほど勇敢でもないのでw、ABITさんページ(丸形ラチェットの分解・組み付け)を見ながら作業しました。

丸型ラチェットの構造がなかなか面白いものでした。何とか無事に組み付けまで終了させることができて満足です。

組み付けにあたっては耐水性のかなり硬いグリスを使ってみましたが、特に不満も無いのでこれでいいや...。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kemeko.net/mt/mt-tb.cgi/491

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、Kemekoが2018年1月 3日 23:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Stahlwille 512QRN 到着」です。

次の記事は「HPのパソコンお買い上げ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。