GSX-R 1100W 整備

| コメント(0) | トラックバック(0)

少し時間があったので吸気回りの現状確認をしました。久々に古い車両を触りましたが、なかなか勝手が思い出せませんw。

何とかタンクを取り外して、キャブとエアクリーナーの確認です。

まずはキャブ。トップキャップを取り外してダイアフラムとニードルを確認...。

ニードルは少し減っているようです。段数は少し変えてあるかも...。純正のニードルでも段数が変えられるようになっているのはありがたいですね。

そしてダイアフラムはまあ及第点ですかね。そんなにビロビロでもないし。

GSX-R 1100W jet needleGSX-R 1100W diaphragm
click to enlarge

次はエアボックス。

...あらららら、エアフィルターが切り抜かれてパワーフィルターが押し込まれています。今回は基本的に純正で乗りたいと思っているので、いろいろするべきことがありそうですな。

GSX-R 1100W intake partsGSX-R 1100W air filter
click to enlarge

純正戻しに必要だったり、劣化した一部の外装関連などの細かい部品をお店に発注して帰りました。作業にあたり、タンクの付け外しでズボラしようとしてシートカウルに少し傷を入れてしまいました...。 orz

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.kemeko.net/mt/mt-tb.cgi/508

コメントする

月別 アーカイブ

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

この記事について

このページは、Kemekoが2019年6月 6日 23:00に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「レースタイヤお買い上げ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。