自転車の最近の記事

赤信号と自転車

| コメント(0) | トラックバック(0)

自転車で通勤しながら感じることですけどね。

なんで赤信号で止まらないんでしょうかね。
大通りの交差点では赤信号で停止する人も多いようですが、単に横断歩道のところの自動車用信号については、赤信号で停止する自転車はほぼ皆無のようです。

ママチャリなど(ママチャリだから良いとは思いませんが)が交通ルールを守らないことが多いのは、リテラシーの低い方もいらっしゃるかと諦めては居ますが、ヘルメットを被ったロードレーサーなんかも、赤信号で停止している自動車(と折り畳み自転車に乗るケメ子)の脇をすり抜け、堂々と赤信号を無視して突っ切って行くのを見るたびに残念な気がしてなりません。

仕事帰りに、通勤用折り畳み自転車(ジャガー号)のライトが消えました。電池切れのようです。

電池を換えれば良いのではありますが、これを機に新しいライトを購入します。以前、レーサー自転車のためにライトを購入したのですが、これが真っ暗な道路ではかなり心もとないのです。そこで、レーサー号に使っているライトを通勤用折り畳み自転車に移植することにして、レーサー号のために新たに明るいライトを購入するのです。ワーオ、素晴らしい!

ケメ子は自転車通勤をしているわけですが、車道を走っていると、結構逆走の自転車に遭遇します。

逆走自転車は物凄い勢いで近づいてくる訳ですが、道路の端を譲ろうとしないヒトが割と多い気がします。ケメ子が右に避けるには、後続の車両を確認してから右に出ることになる訳ですが、逆走車両はアっという間に近づいてきますから、確認などする時間はありません。
そもそも、ケメ子が道路の左端を譲る必要など無い訳ですし、実際に譲りません。自分の身の安全が大事です。結果としてケメ子は停車する訳ですね。縁石に足をついて(左端は譲らないという意思表示)。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち自転車カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお出かけ/遊びです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。