GSX-R1100W キャブの内部部品...

バイク屋さんから、キャブのことでお話が...ということだったので往訪してきました(バッドニュースだそうです)。

GSX-R1100W carb.
click to enlarge
GSX-R1100W carb.
click to enlarge

事前に大まかには話を聞いていたのですが、実際に確認したものがこちらです...

白っぽいプラスチック部品はキャブレターのベンチュリ部、部品名としてはスロットルバルブガイドです。底面の穴の部分にはニードルジェットが通ります。このスロットルバルブガイド、ニードルジェットを固定する際に共締めで固定されるのですが、底面部が割れてしまっています(左写真)。そしてボディにニードルジェットと共締めされた部分が残っていますね(右写真)。

メカニック氏によれば、ボディに残った緑色のOリングは純正品ではないということ(純正は黒)。見たところOリングが純正よりも太いように見えるので、それを使用したことでプラ部品に負荷が掛かり、経年で割れたのではないかということ(純正より太いOリングを潰すために、プラ部品に大きな負荷が掛かったのではとのこと)。ボディ側に残ったニードルジェットの外側に、割れ残った白いプラスチック部品が見えますね...。

なお、これ以外のキャブボディでも、このプラ部品の固定が微妙ということだったので、もしかしたら他にも太いOリングを入れてあったり、割れているものがあったりするかも知れませんなぁ...

で、何がバッドニュースかというと、このプラ部品、単品では取り寄せることができません(!)。パーツリストを見るとキャブボディアッシーでしか手に入れられません...。BST40 キャブレターを採用した他車種のパーツを確認しても同様でした。なお、Oリングはヤマハで正しい純正部品が取れるようです(GSX-R の口径違いの BST キャブを採用した車種があるため)。

そういう訳で、BST40 の中古を手に入れて部品流用するしかなさそうです...。プラスチック部品の中古ってのは気が進まないけど仕方ないなぁ...。

納車後、走行前に軽い気持ちで行う簡単なオーバーホールのはずが、なぜだかどんどん大ごとになっていくような気がします...w。

20210530追記:
KTM の 640 系で BST40 を採用していて、KTM の品番 58431037000 (THROTTLE VALVE GUIDE PLASTIC) で取れる模様...。
試しに1個発注してみた。
GSX-Rの中古キャブはすでに買っちゃったんだけどね(ヒー)。