2016年7月アーカイブ

690 DUKE R 作業

| コメント(0) | トラックバック(0)

ハンドルバーの取り付けボルトにラップタイマーステーを共締めしているので、もう少し長いボルトは無いものかと思っていました。

1本だけ形が違うボルトもイヤなので、純正形状のまま5mmほど長いものは無いものかとバイク屋さんのメカニックE氏に相談。新品を発注するつもりでいたのですが、なんとKTMは10本単位でしか買えないとのこと(汗)。

bolts

E氏、おもむろに自身のボルトコレクションを覗きこみ、ケメ子の欲しがっているそのもののボルトを発見し、譲っていただきました。なんとまあラッキーな。

Lap timer bracket

さっそくラップタイマーステーを共締めしているボルトを交換。コレですっきりですなあ。

発注していた部品が届きました。購入したのは、左右のレバーです。レースに出ることを考えると、この手の部品はスペアが無いといけません。

レジアスエース号の修理をディーラーにお願いしていたのが戻ってきました。

納車直後からステアリング周りにガタのような振動が出ることがあったものを、しっかり直しましょうということになり、お店に預けておいたのです。

ウェブページ

Powered by Movable Type 6.1.2

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。